忍者ブログ
 「まるメモ」はわたしの日々の活動記録。
 自分向けのメモですが、公開させていただ
 いています。良かったらご覧くださいね。

 ブログ(本館?)はこちら
 ⇒ たとえばこんな不器用な雲

2017/10/02(Mon)
2017年10月2日 今日のemoji
8月20日に受けた第10回心理学検定の結果が届いた。受検した3科目全て合格していた。そして、心理学検定2級の合格証をいただいた。とても嬉しい♪ それぞれの科目の偏差値は次のとおりだった(点数は知らされない)。

「学習・認知・知覚」 偏差値 68
「発達・教育」    偏差値 70
「臨床・障害」    偏差値 72

結果を見て、まずかなり驚いた。あまりに偏差値が高かったので「これ、本当にわたしの成績?」と思ったくらい。8月20日の自分が「難しかった」「あまりできなかった」と思ったのをよく覚えていたし。あの感じでこの偏差値だとすると、平均点けっこう低めっていうこと……?ちょっとwebで検索してみたら、科目は違うけれど、偏差値50を切っていても合格していた人もいた(ちなみに、各科目とも受検者の6割が合格するように合格ラインが設定されることになっている)。むぅ。多分だけど、心理学検定みたいな感じの試験では、わたしはあまりいい点数取れないと思う。ただ、合格するのはそれほど難しくはないのかな……というのが今日結果を見て思ったこと。あと、「けっこうヤバイかも」と思っていた「学習・認知・知覚」の偏差値が68で3科目の中では一番低かったので、当日の自分の「ヤバイかも(できなかった)」という感覚は合っていたんだなということは分かった。さらに、「臨床・障害」の偏差値が3科目の中で一番良かったのは、その領域をやっていきたいわたしにとってはけっこう嬉しい。何はともあれ、3科目とも合格できて、そして2級に合格できて本当に良かった。来年はどうしようかなと思っていたけれど、いい結果に嬉しくなったわたしは「来年も受けてみようかしら」なんて気分になってきている(笑)。

▽まるメモ 2017.8.20
http://maaruchmemo.blog.shinobi.jp/Entry/1899/



音読⇒3分 (田丸 雅智 「キープ」『ショートショート・マルシェ』) 他


ATM(『フェルデンクライスの脳と体のエクササイズ』収録 エクササイズ1) 他


ジャンベの練習


筋トレ, ストレッチ


大学の勉強
▽「精神分析とユング心理学」
第5章
  • 印刷教材を読む
  • 放送授業視聴(途中まで)
  • ノート作成(途中まで)


モーシェ・フェルテンクライス『脳の迷路の冒険 フェルデンクライスの治療の実際』 147~159ページ(訳者あとがき)



岩波 明『発達障害』 78~81ページ


マーク・リース,デヴィッド・ゼメック・バースン,キャシー・バースン『フェルデンクライスの脳と体のエクササイズ』 32~36ページ ※34~36ページはエクササイズ2のまえがき的なページ


その他
  • 来年の心理学検定に向けての準備



10周年だそうです♪



グリムスプロジェクトチーム スタッフブログ » ☆祝!10周年記念☆いつもありがとうございます http://www.gremz.com/blog/?p=8295
ARCHIVE




PR
ADMIN WRITE
Powered by [PR]
 Design by Sky Hine PR:忍者ブログ